話題のサスティナブルを取り入れてみた

sustainable-img

こんにちは!

最近「サスティナブル」という言葉がトレンドになっていますね。

 

何となく言葉自体は聞いたことがあるけど、何それ?

私自身、この程度の認識でしたが、最近よく聞いているポッドキャストや勤めていた会社でもサスティナブルを取り入れていると知り、興味が湧いてきたので調べてみました。

「サスティナブルって何?」
「気になるけど何をしたらいい?」という方の参考になれば嬉しいです^^
 
スポンサーリンク

そもそも「サスティナブル」とは?

 

サスティナブル(Sustainable)= 持続可能な
 
つまり、、、「サスティナブルな社会を目指す」ということは、「地球の環境を壊さず、資源も使いすぎず、未来の世代も美しい地球で平和に豊かに生活をし続けていける社会を目指す」ということです。
 
具体的に何をするか、外務省のウェブサイトにわかりやすいイメージがありました。
 
sustainable image
(参考:外務省HP
 

世界規模で見ると、間違いなく人口の増加が進んでいることから、未来のことを考えると、このような取り組みが必須なのですね。

一個人としてできること

 

こういった地球の環境問題などの話は、もちろん重要性や必要性は理解しているつもりですが、どうもピンとこなくないですか?

世界規模で取り組まないと意味がないと思いますし、「私一人ができることなんて知れている」と考え、正直今まではスルーしてきました。

しかし、昨今のコロナの感染拡大の状況をみていると、一人一人の行動が社会に与える影響も大きいんだなと感じるようになってきたので、一個人として「サスティナブルな社会作りに貢献できること」を考えてみました。

  • マイボトルを持ち歩く
  • エコバックを持ち歩く
  • フードロスを減らす
  • ゴミの分別、リサイクルを徹底する

こうして挙げてみると、案外普通というか、意外と普段からやっていることだったりします。

普段の何気ない行動が「サスティナブルな社会作り」に貢献していたんですね◎

マイボトルを持ち歩く

 

実は先ほど挙げたものの中で、私がやっていなかったことがあります、、、

「マイボトルを持ち歩く」です。

荷物を増やしたくないという理由で、毎回出先でペットボトルの飲み物を買っていましたが、出費的にも見直したい部分でもあるので、これを機にマイボトルを購入してみることにしました。

調べてみると、タイガー魔法瓶が「健康・人権・環境に配慮したサスティナブルな真空断熱ボトル」を販売していました^^

tiger-bottle

(参考:環境・人権・健康に貢献するタイガーボトル。未来のためにマイボトル生活を始めませんか?【タイガーボトルサイト】

タイガーカスタムボトル

ボトルに込められたメッセージ

タイガーのボトルには、サスティナブルな社会作りに貢献する為、4つのポリシーがあるようです。

タイガーのボトルの4つのポリシー

① 脱・紛争鉱物
② 脱・フッ素コート
③ 脱・丸投げ生産
③ 脱・プラスチックごみ 

環境、人権、健康に配慮した製品のようですが、特に私は以下のメッセージに強く惹かれました。

紛争の資金源になっている鉱物資源を使いません。
15歳以下の労働者のいる企業とは取引しません。
人の苦しみで作られた原材料は、どんなに安価であったとしても使用しません。

どうせなら、ただマイボトルを持つだけでなく、このようなメッセージ性のあるボトルを持とうと思いました。

132通りのカスタマイズが可能

tigger-bottle2

 

「タイガーカスタムボトル」は、11色のカラー、3種類の容量(350ml/500ml/600ml)、4種類のせん(ワンプッシュせん/スクリューせん/ワンプッシュ抗菌加工せん/スクリュー抗菌加工せん)から、132通りのカスタマイズが可能!!
使用シーンや好みに合わせて、自分だけのオリジナルボトルに◎

自分の好みに合わせてカスタマイズできるのは嬉しいですね。

ちなみにカラーは、11色それぞれに守りたいテーマが定められていて、共感するテーマからの商品選ぶこともできます。

さすがの品質

メッセージ性のある商品ですが、さすがタイガー魔法瓶、品質もばっちりです◎

持ち運びに便利な軽量タイプで、保温力や保冷力も文句なしです。

 

(参考:【タイガーボトルサイト】

まとめ

 

サスティナブルって個人レベルでもできる!

マイボトルを持つ、エコバックを持つ、、、このような身近なところから始めてみませんか?

たったそれだけのことで、「自分もサスティナブルな社会作りに貢献している」と少し嬉しい気持ちになれますよ^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました