「本は断然紙派」の私がKindleを試してみた感想

こんにちは!
タイトル通り、本は断然紙派で、今まで電子書籍を毛嫌いしてきた私がKindleを購入して試してみました。

実際に使ってみた正直な感想をシェアしたいと思うので、同じようにKindleに抵抗のある方、購入を検討している方の参考になれば嬉しいです。
 
スポンサーリンク

Kindleを購入する気になった理由

 

そもそも私は「やっぱり本は紙がいい」と何となくKindleのような電子書籍を毛嫌いしていました。

そんな私の気持ちに変化が出てきた理由は、コロナの影響で「お家時間」が増えたことです。(同じ理由でNetflixにも加入しました)

以前よりも読書にさける時間が増えたこと、生活様式が変わったことで新たな興味関心が沸いてきたこともあり、たくさん本を読みたくなりました。

しかし、私の中で以下の問題がありました。

  • なるべく外出を避けるため、頻繁に書店や図書館に行けない
  • たくさん買うとなると金銭的な負担が気になる
  • 収納スペースに限りがある

そこで、今までは全く興味のなかったKindleについて徹底的に調べてみて、ものは試しと思い購入してみました。

kindle

Kindle使ってみた感想

読みやすさ

私が一番懸念していたのは、文字の見え方や、読んでいて目が疲れないかということでした。
普段スマホやPCを見ていて、よく目が疲れるタイプだからです。

しかし、結果としては、予想を遥かに超えて非常に快適でした◎

紙の質感が再現されていて、スマホ等の画面とは全くの別物で眩しくありません。
文字の解像度もかなり良いです。

使い始めの頃は、スマホに慣れているので、ページが切り替わるのが少しゆっくりに感じましたが、すぐに慣れました。

画面上に「今、全体の何%を読んだのか」表示することができるのも便利だなと感じました。

 

サイズ感や重さ

大きさについては、そこまで気にはしていませんでしたが、思っていたよりコンパクトでとにかく軽かったです。

具体的なサイズは、縦16.7cm、横11.6cm、厚さ8.18mm
重さは182gと、私の使っているiPhone11よりも軽いです◎

今のところ読んでいて、「画面が小さ過ぎる」等と感じることはなく、その軽さにはすごく満足しています。

これなら持ち運びにも何ら問題ないと感じています。

 

バッテーリのもち

バッテリーについては、Amazonの公式の情報では「1日30分使用した場合、1回の充電で数週間利用可能」と言われています。

もちろん明るさの設定などの使用状況で変わってくるかと思いますが、実際に使ってみた感覚としては、基本的にバッテリーの心配は不要です

結構な時間使っていますが、「たまーに思いついた時に充電する」くらいで十分で、バッテリーに関する不安やストレスはありません。

スポンサーリンク

本の選択肢、価格

もちろん読みたい本を1冊ごとに購入することもできますが、私はKindle Unlimitedという定額の読み放題プランを利用しています。

Kindle Unlimited

▼月額980円で数十万冊の本が読み放題
本だけでなく漫画も含まれます。
1冊読んだら元を取れるような金額ですし、私がKindleを購入した際には3ヶ月無料でついてきました。

また、プライム会員の方は、無料で1000冊以上の本が読み放題のPrime Readingを利用することもできます。

仮に1冊毎に購入しても紙の本よりも安く価格設定されていますし、セールも頻繁にあり、本の選択肢や価格にも特に不満はありません。

 

端末の操作性

最後にKindle端末の操作性ですが、ここで1つ気になることがあります。

画面の切り替わりが少しゆっくりに感じるのは、すぐに慣れたので良いのですが、たまに画面がフリーズすることがあります

再起動したら元に戻るのですが、それが唯一のストレスです。

※頻発するようなら、Amazonに問い合わせて交換を依頼したら良いみたいです

 

結論

 

もっと早くからKindleデビューすれば良かった!

「本は紙じゃないと嫌だ」と変な意地を張っていた私ですが、Kindleを実際に使ってみてとても便利だと思いました。

もっと早くから使って、オーストラリアにも持って行きたかったと後悔したくらいです。

ちなみに私が購入したKindleはこちらのKindle Paperwhiteです。
なるべく安く抑えたかったので、この広告付きのものを選びましたが、広告はスリープ時の画面にKindleの紹介の絵のようなものが出てくるくらいで、全く気にならないレベルなので費用を抑えたい方にはオススメです。

 
一歩踏み出すと、そこには快適な読書生活が待っていました。
外出自粛で浮いた外食費や交際費で購入されてみてはいかがでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました