Spice up mylife

アラサー女子が2カ国目のワーホリにチェレンジ!!

ワーホリブルー再び。。。

f:id:spiceupmylife:20191114123623j:image

 

こんにちは。

ちょっと暗い話になってしまいますが、恐れていたことが起きました_| ̄|○

 

モチベーションの維持ってすごく大事だと思うんです。

 

そんな中で再びきてしまいました。一時帰国中に。

ワーホリブルーの時期が。泣

 

www.spiceup-mylife.com

 

 

海外に疲れてきた

 

「旅なしでは生きていけない」といった感じで、常に次の旅のことを考えているような海外大好きなこの私が、「旅行ですらもうしばらく海外に行きたくない」と感じるようになっていました(´・ω・`)

 

これはよっぽどです。こんなこと今までなかったので。

 

過酷な島生活、家族を連れてのハワイ旅行、、、

 

ある程度慣れていても、好きでも、やっぱり海外にいると気を張って過ごしています

 

心身共に疲れている時に日本で気楽な時間を味わってしまうと、「戻るのしんどいな」と感じてしまうようになっていました。

 

何をするエネルギーも湧いてこず、引きこもる日々でした。

 

また1からのスタート

 

戻る家や仕事がある状態での一時帰国なら良かったのですが、今回の私のプランは島での仕事を終えて帰ってきたので、これから新しい街でまた生活を作っていかないといけません。

 

銀行口座や携帯、免許書などはすでに持っているので、ゼロからのスタートとは思いませんが、無気力状態の自分にとって知らない街で仕事や家を探すことは、ものすごく億劫でした(T_T)

 

ワーホリでオーストラリアに行くと決めた時から、ずっと心に決めていたパースにやっと行けるのに、、、

 

島生活の時に夢みていたcityでの暮らしができるのに、、、

 

ワクワクよりも不安や無気力な気持ちが勝っていました。

 

迫ってくる時間

 

無気力ながらもパースに向かう航空券、数日分のAirbnbの予約は済ませていました。

 

つまり、出発日がどんどん迫って来るのです。

 

気持ちが固まっておらず、ただ「ビザがもったいないから」戻ろうとしている状況に焦りました。

 

今までは不安があっても、何とかやっていけるという自信と覚悟ありました

 

でも今回はそれがない。

こんな状態で行けるのかという不安の中で、出発日が迫ってくるプレッシャーはなかなかのものでした。

 

ビジョンが見えなくなっていた

 

現地にいかなくても、事前にネットで仕事や家の目星をつけることや、面接や内見のアポを取ることはできます。

 

現地に行ってから「はい、スタート!」ではなく、日本でこういったことを済ましていくと、よりスムーズに現地での生活を始められることは、今までの経験からわかっていました。

 

まだ気持ちは固まってはいませんでしたが、出発日が数日後に迫っていたので、毎日パソコンに向かって情報収集をしていました。

 

ですが、どの仕事もピンとこない。

どんな仕事がしたいのかわからないので、住むエリアも絞れない。

 

「あれ、私は何がしたくてパースに行くんだっけ?」とわからなくなっていました。

 

どんどん気持ちが落ち込む負の連鎖の中にいたと思います。

これは心の病なのか?、いろいろ無駄になってもいいから出発を延期しようかと考え始めていました。

 

今までは「自分で決めたことはやり抜く」という自分の中のモットーみたいなものがあったので、そんな考えに至った自分にビックリしました。

 

でも日本にいるにしてもちょっとくらい働かないと。

そのためにはまた住民票の手続きをして、マイナンバーを取得して、、、

 

大変だ(゜■゜)

 

最終的に

 

なんとか出発するだけの腹はくくりました。

 

現地にきてしまったら、一応やるべきことを淡々と進めていく意外と強い自分がいました。

 

今はひとまず家が決まり、落ち着いて暮らせる環境はできました。

勇気を出してmeetupに参加して、少しですが知り合いや友達ができました。

 

あとは仕事です。

1件だけ興味のある仕事があったので、面接を受けてきて、今は結果待ちの日々です。

これがダメだったら、もう興味があるないなんて贅沢なことを言ってる場合でもないので、近所のレストラン等にレジュメを配って回ろうかと思っています。

 

どんどん貯金は減ってきていますし、やはり収入の安定は心の余裕に繋がりますからね^^;

 

同じようにワーホリブルーになった方ってきっといると思います。

その方々はどのようにそれを乗り越えてこられたんでしょうか?

 

私はまだ不安の渦の中で必死に強がって生活している状態ですが、結局は自分の行動次第ということはわかっているので、なんとか前向きに頑張りたいと思います◎