Spice up mylife

アラサー女子が2カ国目のワーホリにチェレンジ!!

私流ワーホリ中のストレス発散法

f:id:spiceupmylife:20190407085854j:image

こんにちは。

 

朝から虹が見れてラッキー♪

これだけで気分が変わる私って超単純。笑

 

「自分の機嫌は自分でとる」

 

大好きなイッテQかなんかで、みやぞんが言ってた言葉ですが、私にはこの言葉がすごくしっくりきました。

 

特にワーホリ中は一人で異国に住んでいて、すべて自分次第という気持ちがより強いので。。

 

私は気にしいというかすぐに落ち込んだり、ストレスを溜めたりする方ですが、最近自分の気持ちをコントロールするために、意識してやっていることがあります◎

 

 

窓を開ける

 

例え暑くても、雨でも、なるべく窓を開けて空気の入れ替えをするようにしています。

(クーラーかけながら窓を開けているのは、オーナーには内緒。笑)

 

新鮮な空気、外のにおいを感じると、気持ちもリフレッシュできます◎

 

私は匂いフェチというか、匂いには敏感なんですが、ケアンズは田舎(自然)の匂いがして落ち着きます。

 

空気も気持ちも溜めこまない」これ大事だと思います。

 

毎朝のストレッチ、ヨガ

 

朝起きて窓を開けたら、外に向かって簡単なストレッチとヨガをします。

 

たまに外を歩いている人と目が合いますが、慣れると気になりません。笑

 

毎朝やるようにしているので、簡単にちゃちゃっとできるものばかりですが、日本でホットヨガをやっていた時のポーズ等を思い出してやっています。

 

通勤の徒歩以外は運動していないので、これだけのことでも体がスッキリします◎

 

よく言われるように「体と心はつながっている」ようで、体がスッキリすると、自然と気持ちもスッキリするんですよねヽ(´▽`)/

 

食べ過ぎている自覚があるので、気休め程度のスクワットも欠かしません^^;

 

朝活

 

休みの日は張り切って早起きして、カフェや図書館に行って、美味しいものを食べたり読書したりしています。

 

これを始めてからダラダラYouTubeを見て夜更かしするのをやめて、早めに寝るように意識するようになったので、生活リズムが整って、睡眠の質も上がったように感じています。

 

「朝起きた時に疲労感が残っている」ということがなくなりました◎

 

時間を有効活用できているという満足感もあって、気持ちが上がります^^

 

料理

 

私は日本では実家に住んでいたので、恥ずかしながら料理は全然できません。

 

カナダのワーホリ中も、とりあえずお腹を満たす簡単なものしか作っていませんでした><

 

でも食べることは大好き!

 

朝は毎日ミューズリーで、昼夜は週5くらいは仕事場でもらえるお寿司を食べていますが、休みの日にジャズなんかをかけながら料理に挑戦するのが結構楽しいです♪

 

パスタ、タコライス、ハンバーグ、リゾット、野菜スープ、キーマカレー、、、

 

相変わらず簡単なものしか作れませんが、自分の持ってる限られた食材と調味料で美味しいものが作れた時はすごく嬉しくて、いい気分転換になります。

 

あとキッチンが綺麗というのもモチベーションが上がります。

やっぱシェアハウス選びは慎重にやらないと、後でこういうところに影響してきますね゜◇゜ 

 

長く暮らす街が決まったら調味料も買い足して、料理の幅を広げたいです。

(今は砂糖も持ってない。笑)

 

ポジティブな言葉への置き換え

 

これはカナダワーホリ時代に学んだことですが、言葉の力は大きいと思うので、気持ちが沈んでいる時ほどポジティブな言葉に置き換えます。

 

「今日も仕事かーーーTAT」

ではなく「働けるところがあるのはラッキー

 

「何しにオーストラリアにきたんやろ」

ではなく「自分のやりたいことに挑戦できる環境にいるなんて贅沢

 

無理やりですが、こんな感じで置き換えてます。笑

 

現実の出来事は変わらないので、気持ちの持ちようです^^;

 

まとめ

 

1つ1つは大したことじゃありませんが、私はこれらを実践してストレスを発散して「自分の機嫌は自分で」とっています。

 

あとはお酒が好きなので、ワインを飲むのも気持ちが上がりますね♪

 

しかし、ワーホリ中は本当に自分と向き合う時間が多い。。。