Spice up mylife

アラサー女子が2カ国目のワーホリにチェレンジ!!

【忘れたら最悪】ワーホリ前に運転免許証の事前更新やってきました

f:id:spiceupmylife:20181207210208j:plain

 

私はワーホリ中に運転免許証の有効期限が切れてしまいます。

 

今ではすっかりペーパードライバーですが、失効するとそれはそれで困るので、事前更新してきました!

 

ワーホリ以外にも海外赴任や出産、入院などで更新期間に手続きができない方はおられると思いますので、実際に手続きしてきた内容をシェアしたいと思います^^

 

結構簡単でした◎

 

※私の住んでいる京都府の情報を基に書いています

 

 

事前更新とは?

 

■正式名称:特例更新

■対象:出産や海外赴任等、やむを得ない理由で更新期間に手続きできない人

 

手続きに必要なもの

 

■パスポート、母子手帳等の事前更新の必要性を証明するもの

 →そんなに厳しくチェックされないので、ビザとかいらなかったです

■運転免許証

■眼鏡(コンタクトレンズを含む)

 撮影時のカラーコンタクトの着用はNGです!!

 (ディファイン、サークルレンズ等も含みます)

 →コンタクトと申し出ると、チェックがありました

■写真1枚(縦3cm×横2.4cm、正面、上三分身、無帽、無背景、6ヶ月以内に撮影したもの)

 ※更新される場所によっては持ち込みは不要なので、事前に確認してみてください!

 

手数料

 

■更新手数料:2,500円

■講習手数料

・優良運転者講習 500円

・一般運転者講習 800円

・違反運転者講習 1,350円

・初回更新者講習 1,350円

 

※これ以外に寄付的なものを求められますが、私は断りました

 

講習時間

 

■優良運転者講習: 30分

■一般運転者講習 :60分

■違反運転者講習 :120分

■初回更新者講習 :120分

 

注意点

 

申請場所や受付時間等は、通常の更新手続と同じですが、

特例更新すると通常の更新手続きをした場合に比べて、免許証の有効期間が短くなります!!

(私はゴールドですが、有効期限が5年間→4年間になりました)

 

実際手続きしてみて

 

新しくできた京都駅前の更新センターに行きました。

キレイですし、駅から直結で立地が抜群にいい◎

※ここで手続きできるのは、優良運転者と高齢者運転者のみです。

 

手続きは、めちゃめちゃスムーズでビックリしました!

 

手続きの流れ

①申請書の作成

専用の機械に免許証を入れるだけで、申請書が作成されて印字されました゜■゜

 あとは体調などの質問にチェックしたり、署名するだけでなので、間違いや手書きの手間がありません。

 

②更新料、受講料の支払い

 →ものすごい笑顔で寄付を求められましたが、勇気を出してお断り。。。

 

③視力検査

 →超至近距離で目を見られて、コンタクトのチェックが厳しく感じました^^;

  ディファインやカラーコンタクトレンズはダメなので注意してください。

 

④申請の受付

→事前更新の旨を伝え、印紙を貼ってもらった申請書とパスポートを提出します。

 どこの国にいくか、どのくらいの期間か口頭で聞かれましたが、証明書等は不要でした

 ※パスポートはその場で返してもらえますのでご安心を!

 

⑤写真撮影

→大きな鏡が設置されているので、身だしなみをチェックできます。

 (少しでも綺麗に写ろうという悪あがきタイム。笑)

 

ここまでの所用時間は10分弱です!!

 

各ブースに案内係の方がたくさんおられるので、手際よく案内して頂けました。

 

講習を受講

あとは30分間の講習を受けるだけです!

 

受付の時に講習開始時間と座席番号を印字したレシートのようなものをもらうので、その通りの席に座ります。

 

受講する部屋の後方には、ガラス張りのスペースがあって、子供連れでも受講できるようになっていました。

 

子供のいる友達が免許の更新は大変と言っていたので、ありがたい配慮ですね^^

 

眠気と闘いながら30分受講したら、その場で新しい免許証を受け取って終了~◎

免許書の裏側に「法第101条の2第3項により交付」と記載されていました。

f:id:spiceupmylife:20181208104457j:plain

 

まとめ

トータル1時間もかからず、簡単に事前更新ができました!

 

免許の更新は代理人ではできないので、「気付いた頃には時すでに遅し。。。TAT」なんてことにならないように、事前に準備しておきましょう><

 

手続き方法が違う可能性もありますので、事前にお住まいの都道府県にお問い合わせの上、行ってくださいね!

 

ワーホリ準備として必要な手続きが着々と進んできました。

この調子でちょこちょこ有給休暇を消費しつつ、準備を進めていきます!